定期借地権を紹介

未分類

日本にはかつて借地制度がありました。しかしこの旧借地制度には問題点がいろいろとありました。その中でも問題だったのは、借りている人が課している人に対して土地を返さない点がありました。契約期間が設定されていても、自動的に更新することができ、貸している側から見るとは半永久的に土地が返還されないという問題が起こりました。また戦後には地価が継続的に何十年もの間高騰していることも関係して、借地借家に関する制度を抜本的に改正する必要がありました。そのような背景もあって、1992年に施行されたのが現行の借地借家法です。この借地借家法が制定されたことで新たに登場したのが、定期借地権です。

旧法の借地制度の場合、契約はどんどん更新することができ、それが持ち主に土地が半永久的に戻ってこないという問題につながりました。定期借地権の場合、一定期間土地を貸し出すけれどもその期間が満期になれば、契約の更新が一切なくなり、借主は貸主に対して土地を返還する義務があります。

旧借地制度の場合、契約期間が満了になって更新しない場合、土地を返還する条件として地主は借主に対して土地に建設された建物の買取を求めることができました。しかし定期借地権の元では、このような建物の買い取り請求が行えないようになっています。ちなみに定期借地権ですが、その中でも3タイプに分類できます。以下ではこの3つの定期借地権の種類について詳しくみていきます。