事業用定期借地権とは

未分類

定期借地権の中の一つに事業用定期借地権があります。文字通り、事業目的で使用する借主に対して貸し出す際に結べる契約の形です。コンビニやファミレス、工場などを建設する際に事業用定期借地権で土地を提供することもあります。契約期間は10~50年未満の間で設定します。こちらも契約期間の更新はありません。

幹線道路など交通量の多い道路に面している場合、居住用の土地としても貸し出したくても騒音などの問題で借り手が見つからないケースもあるでしょう。しかしこのような交通量の多いところであれば、店を出せば安定した集客が見込めます。このような道路量の多いところであれば、事業用定期借地権で土地の貸し出しを検討しましょう。

10~50年未満の貸出期間となるので、一般定期借地権と比較すると早めに土地は返還されます。例えば自分は使うつもりはないけれども、子供たちに土地を相続する際に彼らが自由に使えるように土地を取り戻しておきたいと思っている人におすすめの借地権です。50年未満であればどのような契約期間にしても問題はありません。しかし10年契約で土地を貸し出すケースが多いです。事業用に限定した場合、立地条件によっては借り手がなかなか見つからない恐れもあります。