一般定期借地権とは

未分類

定期借地権の種類の中の一つ・一般定期借地権は、借地権の存続期間を50年以上に設定するタイプです。そして契約期間が満了すれば、借地権は自動的に消滅します。50年以上土地を貸し出す形になりますので、当面土地を使用するつもりのない地主向きの借地権といえます。ディベロッパーが分譲マンションを建設するときに、地主と一般定期借地権で契約を交わすケースが多いです。広めの土地を持っていて、使うつもりはない、でも手放すつもりもない場合にはディベロッパーに土地の提供を検討してみるといいです。

一般定期借地権のいいところは、契約満了すれば確実に土地の戻ってくるところです。ちなみに建物を買い取る義務は地主には一切ありません。借主は建物を取り壊して更地にして変化することが求められます。地主は土地を貸し出しているだけで所有者であることに違いはないので、固定資産税を納める必要があります。しかし一般定期借地権契約を結んだ借主が土地に建物を建設した場合、固定資産税が更地と比較すると安くなるのも魅力です。

ただし長期契約になるので、本当に土地を使うつもりがないのかは慎重に判断すべきです。相続した際に相続人が「土地を返還してほしい」と言い出して借主との間にトラブルが発生するとも限りません。