定期借地権の中の一つに事業用定期借地権があります。文字通り、事業目的で使用する借主に対して貸し出す際に結べる契約の形です。コンビニやファミレス、工場などを建設する際に事業用定期借地権で土地を提供することもあります。契約期間は10~50年未満の間で設定します。こちらも契約期間の更新はありません。

幹線道路など交通量の多い道路に面している場合、居住用の土地としても貸し出したくても騒音などの問題で借り手が見つからないケースもあるでしょう。しかしこのような交通量の多いところであれば、店を出せば安定した集客が見込めます。このような道路量の多いところであれば、事業用定期借地権で土地の貸し出しを検討しましょう。

10~50年未満の貸出期間となるので、一般定期借地権と比較すると早めに土地は返還されます。例えば自分は使うつもりはないけれども、子供たちに土地を相続する際に彼らが自由に使えるように土地を取り戻しておきたいと思っている人におすすめの借地権です。50年未満であればどのような契約期間にしても問題はありません。しかし10年契約で土地を貸し出すケースが多いです。事業用に限定した場合、立地条件によっては借り手がなかなか見つからない恐れもあります。

定期借地権の種類の中の一つ・一般定期借地権は、借地権の存続期間を50年以上に設定するタイプです。そして契約期間が満了すれば、借地権は自動的に消滅します。50年以上土地を貸し出す形になりますので、当面土地を使用するつもりのない地主向きの借地権といえます。ディベロッパーが分譲マンションを建設するときに、地主と一般定期借地権で契約を交わすケースが多いです。広めの土地を持っていて、使うつもりはない、でも手放すつもりもない場合にはディベロッパーに土地の提供を検討してみるといいです。

一般定期借地権のいいところは、契約満了すれば確実に土地の戻ってくるところです。ちなみに建物を買い取る義務は地主には一切ありません。借主は建物を取り壊して更地にして変化することが求められます。地主は土地を貸し出しているだけで所有者であることに違いはないので、固定資産税を納める必要があります。しかし一般定期借地権契約を結んだ借主が土地に建物を建設した場合、固定資産税が更地と比較すると安くなるのも魅力です。

ただし長期契約になるので、本当に土地を使うつもりがないのかは慎重に判断すべきです。相続した際に相続人が「土地を返還してほしい」と言い出して借主との間にトラブルが発生するとも限りません。

日本にはかつて借地制度がありました。しかしこの旧借地制度には問題点がいろいろとありました。その中でも問題だったのは、借りている人が課している人に対して土地を返さない点がありました。契約期間が設定されていても、自動的に更新することができ、貸している側から見るとは半永久的に土地が返還されないという問題が起こりました。また戦後には地価が継続的に何十年もの間高騰していることも関係して、借地借家に関する制度を抜本的に改正する必要がありました。そのような背景もあって、1992年に施行されたのが現行の借地借家法です。この借地借家法が制定されたことで新たに登場したのが、定期借地権です。

旧法の借地制度の場合、契約はどんどん更新することができ、それが持ち主に土地が半永久的に戻ってこないという問題につながりました。定期借地権の場合、一定期間土地を貸し出すけれどもその期間が満期になれば、契約の更新が一切なくなり、借主は貸主に対して土地を返還する義務があります。

旧借地制度の場合、契約期間が満了になって更新しない場合、土地を返還する条件として地主は借主に対して土地に建設された建物の買取を求めることができました。しかし定期借地権の元では、このような建物の買い取り請求が行えないようになっています。ちなみに定期借地権ですが、その中でも3タイプに分類できます。以下ではこの3つの定期借地権の種類について詳しくみていきます。